40代の転職事情

40代の転職事情

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

転職すると、給料が下がるのは当然

40代以上の転職は、非常に厳しい。

 

転職活動を始めてみると、今までいかに恵まれていたのか気が付くはずである。

 

月に30万も40万ももらっていたなら、それが労働の報酬・対価ではなく「収入が得られる組織に所属していた分け前だった」と言うことに気が付くはずである。

 

正社員や契約社員の給料というのは、労働の対価ではなく、お金を稼ぐことのできる組織の一員としての分け前なのである。

 

存続している会社というのは、収入を得る仕組みがある。

 

収入を得るシステムや役割分担が整っているので、従業員は一人で稼ぐよりももっと大きなお金をもらうことができるわけだ。

 

そしてそういう収入を得る仕組みを築いて維持しているからこそ、社長や重役というのは大きな報酬を得ているわけであり、部長や課長は実行責任者として大きな分け前を頂いているわけである。

 

だからこそ、転職すると給料は前職ほどではないのが当り前だ。

 

新参者に大きな分け前を配るほど、企業というのは甘くないわけだね。

 

転職してもらえる給料というのは、あくまでも労働価値、企業の一兵卒としての分け前だというのは、覚えておくべきだ。

 

歩合制などの営業職の場合は、売り上げた分だけもらえるので、給料が上がることもあるだろうけど。

 



ベテランを求めている求人に応募せよ

40歳以上の転職が難しい原因は、需給バランスが悪いからだ。

 

要するに、40歳以上でないといけない求人というのは少なく、若い方が良いという求人が多いから、40歳以上の転職が難しい。

 

たとえば40代くらいでも、プログラマやサーバー管理などの仕事ならスキルや経験が生かせるので、ニーズは高くて求人はある。

 

私が転職エージェントさんから紹介された仕事などは、そう言う仕事がほとんどだったが、残念ながらスキルが足りなかった。

 

そういうドンピシャのスキルを持っていない場合は、採用しても技術を一から覚えてもらうことになるので、物覚えの速くて給料の安い若者の方が優先的に雇われてしまうと言うことになる。

 

要するに「ベテランを求めている求人」以外では、40歳を超えると、若者と熾烈な競争の中で仕事を見つけなければならなくなる。

 

だからこそ10件応募して面接に進めるのが1件か2件。

 

採用にこぎ着けるには、20〜30件くらいの応募が必要になるって事だ。

 

「年を取っていても良い」という求人より、「経験を積んでいる人を求める」という求人を捜すべきだろう。

 

となるとやはり、転職エージェントさんにお願いするのが近道と言うことになる。

 

NEXT:40代の転職に必要なものとは?

広告

転職・面接のコツ

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

乗換えなら

通話もメールも電話も使い放題

データ通信量はシェア可能

スマホ本体もコミコミ料金

トップへ戻る