★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

40代の転職、人材紹介会社の利用が早道?

40代の転職は、30代までのように求人雑誌を見て応募するってわけにも行かないらしい。

 

と言うのもこういう雑誌に載っているのは、ほとんどが40歳までの求人だから。

 

そうなると、どこで職を見つければいいんだろう?40代の転職というページには、人材紹介会社を利用せよと書いてある。

 

人材紹介会社? 人材紹介会社って何だ?ウィキペディアの記述によると、職業紹介業だと書いてある。

 

職業紹介事業(しょくぎょうしょうかい)とは、就職・転職の仲介を行う事業のことで、日本においては、厚生労働大臣の許可を受けた職業紹介事業者が、転職を希望する求職者と労働者を求める企業(求人者)との仲介を行って、双方の要求を満たすような転職の実現を目的とするサービスを提供する。

 

企業(求人)側は、戦力となる労働者を「人材」と呼称することがあり、一般に「人材紹介」という言葉も使用されることがある。

 

「人材バンク」とか「転職エージェント」とかとも呼ばれるようだ。

 

一般に、求職者側は職業紹介事業者への登録や情報の利用は無料で行える。

 

雇用者(求人者)側は、紹介された求職者を受け容れて雇用し、採用後一定期間(数ヶ月〜半年程度)が経過しても、その採用者(転職希望者)が求人側企業に在籍し続けている場合に、紹介事業者に対して報酬を支払う。

 

報酬の相場は、雇用する求職者の年収の1〜3割が相場である。

 

業者によっては、事業の再編による人員整理(いわゆるリストラ)に伴う他社への転職支援(アウトプレースメント)を請け負っている場合もある。

 

人材紹介会社は、紹介した人材が企業に定着したら、その人の年収の何割かにあたる金額を、報酬として受け取るという仕組みらしい。

 

となると、良い人材を高い給料で転職させれば、それだけ売り上げが上がるという仕組みだ。

 

しかし年収の1割から3割というのもスゴいね。

 

成功報酬とはいえ、金額にすると数十万になるわけだから。

 

求人雑誌に求人広告を出して人を雇う場合と比べれば、何倍もの費用がかかるはず。

 

となると、こういう人材紹介会社に求人を出す企業も、本気で求人を出すって事だろうか。

 

それならそれなりのスキルを持った求職者でないと、いかんのだろうね。

 

なんかもう、タダの転職ではないってかんじがする。

 

私の転職は、こう言うところでも扱ってもらえるんだろうか?NEXT:40歳以上は人材紹介で仕事を探す



このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る