★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

スキルを持った40代50代の転職は、プロに相談

40代, 転職

40代・50代の転職は、なかなか難しい。

 

というのも21世紀になって、労働環境はどんどん変わっているからだ。

 

若い頃に体験した就職活動や転職活動とは、状況が変わっている。

 

一つは、日本の産業構造が大きく変化していること。

 

簡単に言うと、製造業→サービス業 というパラダイムシフトが起こっている。

 

もう一つは、コンピュータやIT技術、運送業の発展による、大コストダウン。

 

これによって、ネットビジネスやネット購買が盛んになった。

 

顧客は必ずしも店頭でものを買う必要がなくなり、全国規模で大価格競争が起こった。

 

これにより、戦後の年功序列型雇用が企業の重荷になり、高賃金だった製造業の量的な衰退がハッキリしてきた。

 

おかげで、希望退職者を募る企業は毎年のように増え、40代・50代の転職者がどんどん増えることになった。

 

さて、40代・50代の転職者には、3つの選択肢がある。

 

  • 1つは同業他社への転職。

     

  • 1つは異業種への転職
  • 最後の一つは、起業・独立。

     

これはもちろん、どの年代の転職者にもある選択肢ではあるが、成功する確率がかなり違う。

 

というのも、一般の求職は、30代後半から40代になると求人の数が減るからだ。

 

一般的には、「転職は35歳まで」と言われていて、なんらかのツテでもなければ、あまり高賃金の職には就けない。

 

なので、一般の求人広告を見て応募しても、なかなか採用されないのが実情だ。

 

可能性があるのは、大手新聞の求人広告。

 

こういうところでスキルを持った人を求めている場合は、年齢が高くても採用される可能性があるが、ただし競争率はかなり高い。

 

一方、異業種への転職は、一から仕事を覚え直す必要があるし、賃金も最低ランクからスタートすることを覚悟しなければならない。

 

年齢にこだわらない求人はたくさんあるが、今までの経歴を全部忘れて、そういう仕事に全力を注げるか、ココが難しい。

 



40代の転職者に求められるモノ

40代の転職は「即戦力」を求められる。

 

ただしそれは、知識ではない。

 

同僚や若い人とうまくやっていく力、顧客とうまく関係を持つ力、「統率力」「交渉力」「安定性」などといった社会性が求められる。

 

知識やスキルを買われて仕事についても、それを活かしつつ、マネージメント力も発揮しなければならないわけだ。

 

経営者が実現しようとしている事が何で、それを実現するために何が必要かを理解し、それを達成するために同僚や若い人とうまくやっていく能力が求められている。

 

そのために、これまでに培ってきた人脈や営業力などを発揮することを期待されている。

 

これらは、同業他社への就職でも異業種への就職でも、大なり小なり同じである。

 

ただしこういうスキルを求めている求人は、一般の求人雑誌には載っていない。

 

大手の新聞広告や、転職エージェントにしかない。

 

スキルを持った40代以上の転職は、転職のプロ、転職エージェントに相談するのが近道だ。

 

NEXT:40代の転職者には、マネージメント能力が必要というのはウソ?

広告

転職・面接のコツ

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

乗換えなら

通話もメールも電話も使い放題

データ通信量はシェア可能

スマホ本体もコミコミ料金

トップへ戻る