40代の転職

転職エージェント体験記

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

転職エージェント体験記

40代・50代の同業他社への転職は、転職エージェントに相談するのが近道だ。

 

何を隠そう、私も40代半ばで転職エージェントに登録した経験がある。

 

もちろん、転職エージェントと言っても、40歳を過ぎるとなかなか対応してくれないことが多い。

 

わたしも3社くらいネット経由で登録したが、対応してくれたところは最大手のRエージェントだけしかなかった。

 

それも当然だろう。

 

転職エージェントといえども、求人がないことにはどうしようもない。

 

40代・50代の求人がなければ、40代・50代の求職者に紹介しようがない。

 

だから逆に言うと、40代・50代でも相談にのってくれる転職エージェントには、40代・50代でもよい求人があるってことだから、期待ができる。

 

私が転職エージェントにお世話になったのは、もう1年以上前だが、参考までに体験記を書いておこう。

 



転職エージェント・まずは面接から

私が転職を考え始めたのは、2年前の年末だった。

 

でも40代の転職は、求人雑誌では難しい。

 

また現在仕事をしている場合は、すぐに辞めて新しい仕事に就くのも難しいから、なかなか採用されない。

 

そんなときに転職エージェントというのがあると知った。

 

しかもインターネットで登録できるというので、色々探してみた結果、3つのエージェントなら仕事がありそうだと思って登録してみた。

 

そうすると、3つのうち2つは音沙汰なし。

 

ただ、業界最大手のRエージェントからは、すぐに連絡が来た。

 

さすがに業界最大手、いろんな求人があるらしい。

 

で、「条件等を確認しますので、面接にお越し下さい」ということで、すぐに面接の日取りを決めて、エージェントさんと会うことになった。

 

面接の場所は、この会社のオフィス。

 

行ってみると、誰も人がいない。

 

受付の人もおらず、受付のところに電話が置いてあって、電話で用件を言うと、その裏の待合い場所で待つようにと言うことだった。

 

しばらく待っていると、担当者という人が来て、面接室に案内された。

 

待機場所では、一人の女性が座っていたが、案内の人が来て、まもなくしてどこかの部屋に入った。

 

そのあとは、担当者以外の人間とは、全然顔を合わさなかった。

 

転職活動というのは、今勤めている会社には知られたくない場合が多いから、そういう配慮もしているんだろうね。

 

それから約3時間ほど、条件などについてのデータをつめた。

 

NEXT:

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加