40代の転職

40代の求人は、転職サイトにはない。

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

40代の求人は、転職サイトにはない。

40代,転職,転職サイト,アピール,

40代の転職では、求人が出ている場所が違う。

 

若い人の転職では、新聞の求人欄や有料・無料の転職情報誌、折り込み広告などで求人を出している企業に直接応募するのが普通だ。

 

だがこういう求人の場合は、たいてい若い人材を求めている場合が多い。

 

なので40代で転職しようと思ったら、そう言う若い人と比較されて採用を勝ち取らないといけなくなるが、若さというのはどうしようもないので、ほとんど無理に近い。

 

だから40代の転職では、40代を求めている企業がどこに求人を出しているかをまず知らないといけない。

 

その場合、一番40代の求人がないのは、転職サイトだろう。

 

転職サイトの場合、パソコンが使えるスキルがある年代の求人しかないことが多い。

 

今はもう、中学校からワードやエクセル、パワーポイントなど、パソコンの操作を教えている時代だから、若い年代にはパソコンが使えるスキルはある。

 

だがしかし、40代以上の人の場合、未だにパソコンが使えない人もいたりして、だからそう言う前提で求人もない。

 

そういうわけだから、転職サイトに登録してもなしのつぶてだったりする。

 



40代の転職は、新聞か転職エージェントで探せ

また、駅などに無料で並べてあるタウンワークなどの転職情報誌にも、残念ながら40代以上の求人は少ない。

 

もちろんそういう求人もあるにはあるが、毎週転職紙を見ていた経験から言うと、40代50代の求人というのは、かなり怪しくてずっと載っていたりする。

 

だからそれなりの給料がもらえるような仕事は、大手企業が新しい部門を作るときに大々的に経験者を募るような場合を除いては、求人誌にはほとんど無いと考えた方が良い。

 

でも実は、転職エージェントや人材バンクには、結構そういう40代の求人があったりする。

 

だから40代の転職手段としては、こういう人材バンクというものを利用したほうが断然速い。

 

最大手の転職エージェントや人材紹介会社の場合、マネージャーやスキルを持った人を1名とか2名欲しいというような本当に小規模の求人がくる。

 

しかも欲しい求人の条件がハッキリしていて、ビックリするくらい細かかったりする。

 

スキルを生かして転職したいなら、30代でも転職エージェントにお願いするのが良いだろう。

 

人材紹介会社は、転職希望者のキャリアや能力など個々に調べた上で、求人とすりあわせてくれるので、ありがたい。

 

企業側も、スキルやマネージメント能力を持った人が欲しい場合、それを面接だけで判断するのは難しいので、転職エージェントでじっくりとカウンセリングを受けて、自分の希望に近い仕事や、自分でもできそうな仕事を選んで申し込むことができる。

 

転職情報の収集が目的ならば、転職サイトは有用だが、実際に40代が転職を成功させようするには、結局、転職エージェントにお世話になった方が良いだろう。

 

40代の求人も、あるところにはちゃんとあるんだから。

 

NEXT:人材紹介会社、口コミ情報ランキング

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加