40代の転職

40代での転職は、転職理由が大事

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

40代での転職は、転職理由が大事

40代,転職,求人,人材,技術

40代で転職する場合、転職理由が非常に印象が採用合格を左右する。

 

新卒採用とか、第二新卒の採用の場合は、相手は右も左も分からない若者だし、適当な判断で仕事を選んでいるって言うことは採用官には分かっている。

 

しかし30代、40代の転職ともなると、前職をなぜやめたのか、あるいは仕事をしていない期間は何をしていたのか、その辺の事情をハッキリさせないといけない。

 

私も転職エージェントさんにお世話になっていたとき、仕事をしていない期間に何をしていたか、かなり尋ねられた経験がある。

 

仕事もしないでブラブラしていました、とは言えないし、経歴書には書けない。

 

40代での転職は、なかなか厳しいものがあるのだ。

 

だからまだ仕事をしている状態で、生半可に転職を考えると、危ないかも知れない。

 

40代以上の人材を採用したい企業や会社には、それなりの理由がある。

 

仕事の内容が決まっていて、それをこなせばいいだけの仕事の場合、あまり年齢は問われない。

 

たとえばスーパーなど、かなりの高齢者まで働いているが、あれは覚える仕事がそんなに無いし、常識的な仕事ができればOKというハードルの低さがあるからだろう。

 

ただしそう言う仕事の場合、給料は高くない。

 

給料が高い仕事というのは、それなりのスキルや経験が必要な仕事で、だからこそ、40代以上の人を求めていたりする。

 

数回の面接でそれが示せないようだと、まず転職は難しく、給料も大幅ダウンになる。

 

他社での実績というのは、全く評価に対象にないことがほとんどだ。

 



転職理由は、前向きな理由にすべし

40代の転職では、転職理由は大きく問われる場合が多い。

 

妙な理由で前職を辞したなら、同じような理由で仕事を辞める可能性が高いし、トラブルの原因にもなりかねない。

 

求人を出す側の立場に立てば、トラブルで前職を辞している人を、何もリスクを背負って採用する必要なんか無いからだ。

 

なので転職する場合は、退職理由を前向きなモノにしておく必要がある。

 

「給料が安い」「仕事がキツい」そう言う理由だと、なかなか難しかったりする。

 

体力がなさそうな人間が、運送業に就いていたり、くらい人がセールスの仕事をやっていたり、そう言う場合は、それでも納得だろうが、そうでない場合は悪い印象を与えることになる。

 

なので、前職よりやりたい仕事があったとか、給料は安くてもやりたい仕事があったとか、自分の持っているスキルが生かせる仕事がしたいとかそういう前向きな転職理由があったほうがいい。

 

自分の経験やスキルを再チェックして、自分が転職したい理由をハッキリさせておくべきだろうね。

 

NEXT:40代の求人は、転職サイトにはない。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加